Cogilove’s diary

2015年12月に15歳11ヶ月でコーギーのランを亡くし、2016年2月生まれのトライカラーコーギーのこーと再び暮らす事になった日々を綴ります。

最近の出来事つれづれ

ご無沙汰ですが、こーさんはとっても元気です。

先住犬のランさんは、1歳位から皮膚アレルギーが出ていましたが
医療費がかからない上、ドライフードを普通にバクバク食べてくれるなんて
それだけで親孝行ものです。

最近は色んな出来事がありました。

その1
電車移動する為、数時間こーさんを預けなければいけない事態が発生

先住犬のランは、サークルで育てていなかったので
ペットホテル等はかわいそうで無理でしたが、そこはこーさん。
いつもシャンプーでお世話になっているお店にお願いしたのですが
柵に閉じ込められてしまうのだろうと心配していたら
スタッフ全員から「たくさん遊んでもらいました♪」と言われる始末。
どれだけ構って攻撃したのかと・・・。いずれにしても満喫したようで
名残惜しそうに挨拶しまくるのを引き剥がして帰ってきました(笑)

その2
唐突にプチ旅行したのですが
設置されたサークルにいつものトイレを置いたら、失敗なく粗相クリア。
大人しくバリケンに寝てくれてお泊りも問題なさそうです。
ランは一緒にベッドで寝ていたので
ベッドに乗せるなと言われるとお手上げでした。

f:id:cogilove:20180208182625j:plain

宿泊先にて

その3
スキーに連れて行きましたが
雪ははしゃぐものではなく、ひたすら食べるものでした←ありがち

番外編
夜はサークルとバリケンをくっつけて就寝がお約束なのですが
固定しているわけではないので、朝方になると押し開けて
起こしにくるのが日課となっていました。
夜の間は脱走しないのがエラいところです(笑)

しかし、窓際設置もあって朝方はどうにも寒そう。
お泊りのためにも、バリケンで寝るのは徹底したかったのですが
舐めまくったり、歩き回ったりしないようなら
ちょっと自由にしてみようかと。

すると、やはり布団の上で寝たかったのか
非常に良い子で傍らに寝るようになりました。
朝は同じように起こしに来ますが(苦痛)

寒かったのか、単純に近くに寝たいのか
これをやり始めたら、寝る前に「トイレ行ってきなさい」と言うと
即効で済ませ、一緒に寝るんだとばかりにソワソワするようになりました。

車で移動の際には普通にバリケンに入りますし
会社では自分からバリケンに入って昼寝しているので
ここに入る事に抵抗はないようだし、お泊りの時だけ
そこで寝るようにさせようかと悩み中です。
寒い時期のみ一緒に寝る、でも良さそうですが・・・。

いずれにしても、日に日に賢くなっています。