Cogilove’s diary

2015年12月に15歳11ヶ月でコーギーのランを亡くし、2016年2月生まれのトライカラーコーギーのこーと再び暮らす事になった日々を綴ります。

またコーギーと暮らす事になった

f:id:cogilove:20160409135148j:plain

2000年1月生まれのコーギー「ランちゃん」が
2015年12月に虹の橋を渡りました。

かなりの溺愛ぶりだったので
周囲には重度のペットロスになるのではないかと心配されましたが
納得できた上での大往生だった事もあり
自分でも驚く程冷静に受け止められていました。

しかし、柴犬やコーギーの子犬に触れさせてもらう機会が続き
かわいいと、心底思っているだけなのに
勝手に涙が出てくる違和感を感じ始めたのです。
「ランちゃん」と呼びかけるだけで涙が出るようにもなりました。

もうすぐ四ヶ月経過しようと言うのに、これがペットロス?
やっぱりもう一度・・・いやいやいや・・・

これから十数年後、私はいったいいくつになっている?
やっと何の心配もなく出かけられるようになったのに?
ようやく片付いたリビングも、車や服もまた毛だらけ・・・?
たくさん心配した日々を思い出したり
自分には使えないのに、お金も結構かかったなぁ~なんて笑ったり。

色んな不安と、でも、でも・・・という自問自答がありました。

そして昨日、新しい家族を迎える事を決めたのです。

ランの時には手探りだらけだったけれど
「今度は迷わずこうしよう」と思える事がたくさんある!
でも、子犬の世話なんて16年ぶり。ちゃんとしつけできるかな?

そしてランはどう思っているだろう?悲しんでいないかな?

色んな思いが駆け巡り、昨夜は全く眠れませんでした。

あの子が来てしまえば
否が応でも彼女中心の日々が待っています。
ただただ慌しいのでしょう。
でも、まだ今は不安でいっぱいです。

まずは子犬の育て方を勉強し直さなくては。

そんな日々を綴って行けたらと、ブログを新たに開設してみました。



にほんブログ村