Cogilove’s diary

2015年12月に15歳11ヶ月でコーギーのランを亡くし、2016年2月生まれのトライカラーコーギーのこーと再び暮らす事になった日々を綴ります。

迎え入れ準備中

ランの時は一緒にベッドで寝ていました。

これに関しては賛否両論でしょうが

私が一緒に寝たかったし、最期も私の横で逝ってしまったので

後悔はしていません。

 

 ただ、旅行に行く時に苦労しました。

ベッドに乗せてはいけない宿が大半なので

大きなマットを敷いて、一緒に床で寝たこともありました。

 

ランはベッドやソファで寛ぐのが当たり前だったので

犬用ベッドを買っても、メッシュや木製の小屋を与えても

全く興味を示しませんでした。

 

最初から落ち着く場所として

バリケンを使っていれば抵抗はなかったでしょうし

非常時にも安心できるでしょう。

 

そんなわけで、今度はトイレと寝る場所を

サークル内に作ろうと思いました。

 

トイレと寝床は分けてと言われても、コーギーの寸法では厳しいので

二つのケージを繋ぐことに。

 

贅沢2ルーム。私も寝ることができそう。

真ん中に固定していない余った柵を置いているのは

いざという時「こっちにいてね」と分離するため。

 

とりあえずの寸法確認に、トイレとバリケン(下半分)を

置いてみました。

 

さて、うまく行くかな。。。?

f:id:cogilove:20160412232203j:plain