読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Cogilove’s diary

2015年12月に15歳11ヶ月でコーギーのランを亡くし、2016年2月生まれのトライカラーコーギーのこーと再び暮らす事になった日々を綴ります。

わんこの歯

昨日は幼児用(人間の子供用)歯ブラシを買ってきました。
今度のわんこは小さい頃から
歯ブラシを抵抗なく受け入れてくれれば良いな、という事で。

ランさんは嫌な顔はしつつも、大抵の事はやらせてくれる子でした。
歯ブラシもやらせてはくれるんですが
舐める、かじるだし、すでに固まってしまっている歯石には効果なし。

それでも「グリニーズって凄いよね!」で乗り切って
最期まで歯は結構綺麗でした(笑)

グリニーズの使用には賛否両論あると思いますし
一時やめた時期もありましたが
ランに関しては、歯石が気になりだしたらグリニーズを与えれば
綺麗にポン!と取れていましたし、結果として長生きしてくれたので
まぁアリだったかな、という見解です。
勿論、今後は「固まったらポン!」じゃなくて
歯石の固まっていないわんこにしたいので、歯磨き頑張りますorz

さて、そのグリニーズですが
昔のグリニーズって、今より硬かったんですよね。
最近は手で触ってもグニグニする柔らかいものもありますし
ランさんも、老犬になってからは柔らかいタイプを買っていました。

なぜ、柔らかいタイプにしたのか・・・。
ただでさえ硬かった頃のグリニーズを
冷蔵庫で保存していた事があり
そのせいで更に硬さを増したかは不明ですが
歯を破折した事があるからですorz

犬って歯が強いんじゃなくて、顎が強いんですね。
調べてみたら柴犬等ではよくあるとか。

犬って硬いものをガリガリやっているイメージがあるけれど
顎の強さに歯が勝てなくて折れるんです。。。しかも縦に。

よくブログを拝見していたコーギー飼いの方が
「ナゼか顔が腫れた」と、書いていた事があり
「歯が折れて、バイ菌が入ったのでは?」とコメントしたところ
正解だったという事もありました。
どうやら珍しい事ではないようです。

ランに関しては本当に色んな病院にかかりました。
そのたびに色々と調べまくったので、詳しくもなりましたし
同じ悩みを抱えている人のブログがもの凄く参考になりました。

多少でも役に立てるかもしれない
そんな記事も、書いていけたらと思います。