Cogilove’s diary

2015年12月に15歳11ヶ月でコーギーのランを亡くし、2016年2月生まれのトライカラーコーギーのこーと再び暮らす事になった日々を綴ります。

心配で仕方ない

昨日の寄生虫等の検便検査の結果を聞いて
具体的なお迎え日を決定する予定でしたが
抗生物質が今日からなので、一週間程様子を見て・・・」という電話がきました。

たまに多少お腹が緩い時があるとは聞いていましたが
検便結果もクリアなのに、何で新たに抗生物質

その前にも、整腸剤やら抗生物質やらを飲ませていると聞いていましたし
生後45日から60日程度の子犬を、どれだけ薬漬けにするつもりかと
非常に不安になってきました。
少なくとも、この期間絶え間なく薬を飲んでいた事になります。
そもそも、お腹が緩い原因が抗生物質にある可能性だって否定できません。

獣医さんに直接聞いたところによると
「多少緩いというレベルではなかったので、抗生物質を処方しました」との事。
一昨日も「殆ど問題ない」と聞いていたのに
突然検便の日に限ってそうなってしまったのでしょうか?

確かに、会った限りではいつも元気です。
でも、4月頭から現在まで
お腹が健康だった事はないというのも事実です。

獣医さんとのお話の結果、抗生物質はやめて
ご飯を切り替え、ビオフェルミンや消化酵素等を与える方向にしてもらいました。

それ程考えもせず、ただ薬を処方しているだけだったという印象は受けましたが
実際に話ができて良かったです。最後には謝罪されました。

そんなわけで、木曜日に状況を再度聞いて
予定通り金曜に引き取ろうかとは思います。
他の獣医師にちゃんと診て欲しいですし
自宅で経過を一日つきっきりで見ていられる方が余程安心です。

本当は今日にでも引き取りたいところですが
移動や新しい環境のストレスが加わると
余計原因特定が困難になりそうなので、まずはご飯を変えて数日様子見です。

とりあえず今日の状況は聞きにいこうかな。
そこまでちゃんと見ているとは思えないし
体調が悪い(寝ているかもしれない)わんこを無理に起こして
元気アピールのために面会させてもらいたくもないので
あくまでもお話を聞かせてもらう方向で。

はー。
心配で何も手につきません。