Cogilove’s diary

2015年12月に15歳11ヶ月でコーギーのランを亡くし、2016年2月生まれのトライカラーコーギーのこーと再び暮らす事になった日々を綴ります。

トイレ問題解決?なら良いけれど

サークルが三箇所に増えたので
トイレをもう一つ買う事にしました。
もう一歩前でやってくれ・・・という程度に
若干ハズす失敗があったので
どうせならと、1サイズ大きいものを設置してみたところ
失敗がなくなりました(汗)

え、狭かったってだけ・・・?

確かに、バディの長いコーギー
一番小さいサイズで良いわけもないけれど
まだパピーだしって事で油断していました。

トイレに向かって歩いて行って
うまいこと横に向きなおした時は成功していましたが
まっすぐ向かっていって柵に顔をつけた状態だとちょっと長さ的に
入りきっていなかったのは事実です。
でも、それならばもう少しトイレの位置を柵から離せば良い筈なのに
それはそれで失敗していたんだよなぁ。何で?

まぁいいか。失敗しなくなったんだから。という事にしておきます。

ちなみにランの頃はトイレも違いました。
何だかコの字型の壁みたいな。
無駄に場所取るし、シートはクリップ止めでクリップかじっちゃうし
シート自体は露出しているので、こーちゃんだったら余裕で食べそうです。

当時はトイレと寝床は別の部屋にしろなんて話もありませんでしたし
ここ10年位で子犬育て論もかなり変わったらしいですね。
犬は変わっていないのに、何だか不思議です。

f:id:cogilove:20160516120612j:plain

こちら子供の頃のランさん。
お腹から後ろ部分が当時のトイレに入っています。
こんなコの字型の衝立、やっぱり不要ですね。