Cogilove’s diary

2015年12月に15歳11ヶ月でコーギーのランを亡くし、2016年2月生まれのトライカラーコーギーのこーと再び暮らす事になった日々を綴ります。

放してよかった

散歩できる日を待っていたら
あと一ヶ月位現状のままとなってしまうので
昨日の夜、今日の朝とリビングに放ってみました。

結果、超絶ダッシュ、どこに行くにもついて歩く、散策しまくる等活発ですが
たまに電池がポロっと切れて、また充電されて大騒ぎの繰り返しでした。

f:id:cogilove:20160518121909j:plain

気付いたらナゼか台の上に寝ているとか。
こりゃルンバにも乗るかもねと思いつつ
すぐあんなスペースには入りきらない長さになるに全部。

さて、カミカミに関してですが
これまでは「だめ!」と言って手を口に押し込んでいました。
しかし、わかっているのかいないのか、余計噛んでくるような感じorz
ランはこういう時、すぐに「ごめんなちゃい」って感じで舐めてくれたんですが
この子は違うようです。

それが昨夜自由度を広げてからは
時折ヤバいという表情を見せるようになったり
お腹を出すようになってきたので
口に手を突っ込む方式はやめました。

足にまとわりついてエキサイトしてきた時は
「こら!」と言って動きを止める。
それでも尚噛み付く時は、パシっと愛のムチ。
大抵ここでやめるようになりました。
尚更エキサイトして反撃という事もなくなってきたようです。

出すたびに怒っているような感じで嫌悪感があったので
できるだけ穏便に済ませるように
叱る状況を作らない事が一番ですね。

やはり個性があるので、育て方ガイドは
役に立ったり立たなかったりだなぁと、つくづく思います。
ランとこー、違いすぎ。

ちなみに寝る時のバリケン+サークルは変わらずです。

もう寝る時間であればサークルとバリケンで問題ないですし
朝さんざん遊んだので、今もサークルで寝ています。
会社はいくら掃除しても食べてしまいそうなものがたくさんあるので
どうしようかと困っていましたが、これなら良かった。

リビングの扉のストッパー、床下収納の取っ手
カウンターテーブルの足を乗せるパイプ部分等をカジっていたり
トイレ失敗したりと色々ですが、二匹目なので
ランが子供の頃のように「あぁ!フローリングに傷が!」とか
そういうのもすっかりないんですよね。
好きにしろって感じになっています(笑)

ただ、現状ではフローリングを子犬が走るという
非常に宜しくない状況なのが気になっています。

マットを敷けば引きずりまわす(そしてそこに粗相する)
コルクマットを敷けばカジると、お手上げ状態で困っています。

まぁ、ランもフローリングで育ったのに
足腰結構強かったんですけどね。
次なる工夫を求められています。むむ。