Cogilove’s diary

2015年12月に15歳11ヶ月でコーギーのランを亡くし、2016年2月生まれのトライカラーコーギーのこーと再び暮らす事になった日々を綴ります。

かーちゃん不在

8月本番のオーケストラのお手伝いを頼まれているので

練習に初合流してきました。

13時から17時ではあるものの、移動時間もあるので

ほぼ1日不在になります。

 

気にしておいてと伝えていても、ずっと見ていられないので

粗相の時間が一番気になっていました。

 

途中「見に行ったら寝てた」等の連絡と共に画像が届いたりして

「きゃ♡」とか言ってる馬鹿は、頑張って弾きましたよ。

f:id:cogilove:20160717182836j:plain

「あらあら、そのタオルは回収しないとトイレに持って行かれて

悲しいことになりますよ」等と返信したりして。

 

 

練習は予定より早く終わったので、急いで帰ったら

17時40分頃到着できました。

「撫でなさいよ。。。あんた、あたし置いて行ったでしょ。」

 

というお顔全開の甘えん坊将軍を、しばし撫でました。

 

少しすると、どうやら粗相を我慢していたようで

(小)(大)共に無事回収。

偉いぞこー!!!

これさえできれば不在中の不安はチャラ♡

 

そういやーランが避妊手術をした時も

1日入院だったのに、ずーっと粗相を我慢して

お迎えに行った途端、病院のおねーさんの腕に抱かれて

大量の(小)を滝のようにした事があったな。。。

 

もう私はこーに、安心できる存在として認めてもらっているのだろうか(^^)

お留守番できて、かーちゃん嬉しい。