Cogilove’s diary

2015年12月に15歳11ヶ月でコーギーのランを亡くし、2016年2月生まれのトライカラーコーギーのこーと再び暮らす事になった日々を綴ります。

ご飯のチョイスと色んな躾

カレンダーを見てみたら、今日で生後172日目。
そろそろご飯を3食から2食にしていく事を考えなければいけない時が来ました。

迎え入れてから買ったのは、通算11kgのシュプレモ。
これを食べきる前にご飯の移行を終わらせ、2食にして行こうと考えていますが
次は何にしようか迷っています。

食いつきも良いし(食いしん坊なだけ?)
小粒なのでご褒美代わりにもなって良いのですが
シュプレモは卒業させようかと思っているのです。

先日のバギー記事で、かつてのネット通販履歴を見たのですが 
ランさんは2006年の時点ですでに超セレブご飯を食べていらしたらしく
結果として10年以上、とんでもない食費だった事が判明してびっくりしました。

おかげで長生きしたとも考えられるし、後悔はしていないのですが
今からこーさんに同じものを与えたら破産します。
もう少し普通に育っていただきたい。

好き嫌いが多かったのも、フードジプシーしてしまった結果かもしれないので
次の一手は慎重に。苦悩しつつ検索しています。


さて、あいかわらず暴れん坊こーさんですが
「やったもん勝ち」的になってきたのが気になっていたので
パーン!と音を立てて怒ったら
びびりすぎてポロっと倒れたのには危うく笑いそうに。←おいっ

その後は椅子の間に隠れて静かになったので、暫くしてからフォローに行ったら
お腹を出して「さーせんっした。」を懸命にアピール。
とりあえずリーダーが誰だかは認識されているようでひと安心でした。ふっ。

あとは「ちょうだい」を訓練して、誤飲を防止したいのですが
どうにも反応がイマイチなので、多くの単語を教える戦法から切り替えて
ご飯の時に毎回やっていて理解している「待て」を汎用する事にしました。

ボールを持ってきたら「待て」というと
ボールを落として待つので、それを投げるときに「ヨシ」
ボールを取りに行くという流れです。

「待て」と言ったら口から物を出して静止する。
これができれば、散歩中に何かを口に入れても出してくれるんじゃないかと
淡い期待を抱いています。

あとは、ご飯を4粒位サークルに入れて、
入って行く時に「ハウス」と言って関連付け中です。
ハウスに入った後は、案外そのままバリケンに入って寝てしまったりするので
疲れてはいるんだけど、キッカケがないって感じなんですよね。

ランの場合は「ハウス!」と言えば入って行くようになりましたが
「ハウス」に従うより、一緒にいたいと理解してしまい
結局ハウスに入らなくなったのを思い出します。

その後はずっとリビングで生活していたので
こーさんもハウスを教える必要があるかは悩んだのですが
サークルとバリケンに慣れてくれた方が良い部分も多々あるので
現時点ではサークルライフ継続中。

f:id:cogilove:20160804143641j:plain
片足をどこかに引っ掛けて寝るのはあいかわらずです。