Cogilove’s diary

2015年12月に15歳11ヶ月でコーギーのランを亡くし、2016年2月生まれのトライカラーコーギーのこーと再び暮らす事になった日々を綴ります。

こーさん(六ヶ月突入)の一日

基本的にウチは朝遅く夜超遅い、絵に描いたような夜型家庭だった。
仕事は11時からだから、9時に起きても間に合う。

ランさんは、明るい中で寝ていたりして
かわいそうな事をしたとも思うけれど
自分が寝たくなると勝手に2階の真っ暗な寝室に行って
ベッドに飛び乗り「それじゃお先失礼します」と、とてもフリーダムだった。

それが今、こーのせいおかげで23時就寝になりつつある。
年の問題もあるのだろうけれど、これって凄い事だ。
学生の頃からこんな時間に寝た事などないし
次の早朝にイベントがあって早く寝なきゃ!なんて時ですら
こんな時間に寝られるわけがなかった。

現在の一日の流れはこうだ。

こーが7時に起こすので、基本は7時起床。
それより前に起きてしまうと
「もっと早く起こせばご飯が早く貰える!」になるに違いないので
あえて寝たフリ。そうすると諦めてもう一度寝てくれる。

7時に再度立ち上がってアピールした時は、即効でご飯。
軽い散歩に出た後、リビングに放つ。

次に人間の朝食タイム。
サークルに入れられるか、そのままリビングかは状況次第。

オモチャを投げては取って来る遊びにさんざん付き合ったり
ナデナデしながら「まあ落ち着け」と声を掛けたり。

何しろ、起きてから3時間程度はあるので
時間にはかなり余裕がある。

そしてオモチャと共にバリケンに入り、一緒に出勤。

会社に到着すると、超長いお昼寝タイム~たまに1人遊び。
(ほんのわずかな昼食)←なくしていっている最中なので
たまに「あのーかまってもらえます?」と立ち上がる。

f:id:cogilove:20160815151821j:plain

夕方まではかなり良い子で睡眠か1人遊びを続けてくれる。
19時~20時の間に夜ご飯。
軽い散歩の後、バリケンに入って帰宅。

自宅に到着。
サークルで粗相(小)の後、リビングに放つ。
夕飯の支度やら夕飯の間はリビングかサークルか状況次第。

投げちゃー取りに行く、ガジガジオモチャを噛む等の遊び時間
→サークルに戻す(粗相(小)をする)→再度リビングに放って遊び時間
→サークルに戻す(人間が寝支度。もう今日のリビングはおしまいと理解する)
→全員就寝

こんな感じ。

とりあえず、サークルに戻した時に少量でも粗相(小)をするので
リビングで失敗される事はなくなったが
適度な時間で戻しているからなのか
トイレ成功と言えるのかは何とも言えない。

そこで最近悩んでいるのが、いつまでサークルを使うのかという点。
バリケンで寝るのは続けたいとは思うものの
ランがリビングで生活していただけに
遊び終わったらサークルに戻すというのは窮屈なのではないかと。
では、それはいつ頃からなのかと。

ランが何ヶ月位からリビングを闊歩していたのかが思い出せない・・・。

早々に行った避妊手術の際にはすでに、トイレは外でしかやらなかったから
トイレの失敗が無いと判断した時から、自由に暮らしていたように思う。

うーん、でもまだずーっとリビングは不安が残るよ、こーさん。
サークル、もう小さいように思うのはあんたがでかいだけなのか?

f:id:cogilove:20160815151657j:plain
ランよりトイレの理解が遅い気がする
でもランよりバディはでかい気がする。

まぁ、個性色々だから先住犬を参考にしても仕方がないのかな。