Cogilove’s diary

2015年12月に15歳11ヶ月でコーギーのランを亡くし、2016年2月生まれのトライカラーコーギーのこーと再び暮らす事になった日々を綴ります。

生後201日にして初トリミング

はじめて会社近くのショップにトリミングに連れて行きました。
過保護な私はこっそり見ていたかったけれど
一度会社に戻って2時間後にお迎え。

チラっと見てみたら、大人しく台に乗って乾かされてました~♪

中央に置かれたサークルに移されてからも
立ち上がっては通りかかるおねーさん全員に
そこのおねーさん、遊んでよ攻撃をエンドレスでお見舞いしていて
たまに私と目が合ってはへろ~ん!!と笑う。
そして再び「ちょっとちょっとそこのおねーさん!遊んでってばっ!」と
イナバウアーやら右往左往やら。
少し落ち着けっ!!

そんな姿をチラチラと見ては
他のわんこをカットしているスタッフ含めて、全員微笑んでいました。

「最初にサークルから出した時は、遊んで遊んでって興奮していたんですが
シャンプーも爪切りも、大人しくてお利口さんでした」との事。

キミはやっぱり誰んちの子にでもなるな。
ランもそうだったけど(汗)

そして会社に戻って現在。
お昼寝の時間なのにシャンプーされて寝ていない事、はしゃぎ疲れた事
初めてのトリミングで緊張した事
全て重なり合ってか、かつてない程爆睡しています。

究極のかまってちゃんだけど
周囲を笑顔にしてくれる子で良かった。
飼い主以外には懐かないじゃ、看板犬にはなれないからね。

とりあえず「よく頑張った」の褒美は、カリカリご飯5粒でした(笑)