読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Cogilove’s diary

2015年12月に15歳11ヶ月でコーギーのランを亡くし、2016年2月生まれのトライカラーコーギーのこーと再び暮らす事になった日々を綴ります。

トライカラーのコーギー

昨日「脚長いね」と言われました。
えぇ、勿論私じゃありません。こーちゃんです。

実は私もコーギーにしては何だか細くて手足が長い気がしていたんです。
でも、伏せた時の手の位置が顔を越えられないのはコーギーとしか言いようがない。
胴が細いからかな?

いかにもコーギーと言うよりも
ボーダーコリーに見えたりするし、結局のところトライカラーだからでしょうか。

そのトライカラー、現在進行形で変化し続けています。

背中の超ブラックはそう簡単に変わりそうにありませんが
腿の部分と言うのかな?
何だか白っぽいのがおわかりいただけるでしょうか。
光っているわけではありません。
白っぽい毛がぽつぽつと生えてきました。

f:id:cogilove:20160915172347j:plain

このへんは暫くすると、びっくりする程茶色になるのかもしれません。

耳の周辺がそうだからです。最初は真っ黒でした。
気が付いてみたらすっかり耳は茶色に。

f:id:cogilove:20160915172408j:plain
っていう写真を隠し撮りしようとしたら
ニパっ♪って振り返られちゃうの巻。

f:id:cogilove:20160915171808j:plain
ランの時と圧倒的に違うのは
クイックルワイパーで集めた毛の色です。
茶か白ではなく、黒・白・茶(大部分が黒)とあって
ロマンスグレー的な塊ができます。
勿論、クイックルワイパーのキャパというものを大幅に超越しています。

撫でたら撫でるだけ抜ける様を見て「これは凄いね」と
昨日もチワワ飼いの人に驚かれましたし
私自身の服がどれも毛まみれなのも、すっかり復活してしまいました。

あぁ、白い服が綺麗に着られるようになると思ったのに
毛の色が変わっただけで、短かったなぁ(遠い目)