Cogilove’s diary

2015年12月に15歳11ヶ月でコーギーのランを亡くし、2016年2月生まれのトライカラーコーギーのこーと再び暮らす事になった日々を綴ります。

決まりつつあるライフスタイル

近所のインドカレー屋さんはいつも大きな声で
「イラーッシャイマセエェェェェェ!?」と叫んでくれるので
それだけでも結構笑いをこらえるのに必死なのですが
昨日はクーポンを出した瞬間
「ヨカッタネー!!」と言う予想外の日本語に、思わず顔が歪みました。

さて、少々野暮用で昨日のこーさんには、ちょっとご迷惑をかけちゃいました。
台風の大雨の中、2時間程かかるところに唐突に連行されたわけなんです。

いきなりの連行の場合、気になるのはご飯と粗相。

19時頃になって、何とか一度粗相に出したものの、しません。
ご飯が先でしょ。ってところなんでしょうが
こちらにも順番というものがありましてね(汗)

次に移動するとまた暫く粗相に出せないので
ご飯タイムも21時近くまで粘る事に。凄く申し訳ない。
諦めて寝てくれていたのには救われました。

停車できる見込みが出来てから、バリケンに持参したご飯を入れたら
カリカリカリカリカリカリ・・・カリカリカリカリ・・・カリカリカリカリカリ・・・と
普通に召し上がられまして
この子は車酔いしないどころか
移動しながらご飯も全く問題ないのですねとひと安心。

その後、暫く歩き回ってようやく粗相ミッション完了。

ご飯と粗相さえクリアできれば安心です。あー良かった。

こんな時間まで粗相を引っ張った事はないので
ドキドキでしたが、結構我慢できる子だったようです。
てか全然しなくて結構な時間歩き回ったし(汗)

帰宅後、いつもは22時から22時30分頃に
「はい就寝」と、サークルに戻されるのですが
帰宅時間が遅かったので23時まではリビングで遊んでOKにしてみました。

ご飯も2時間遅かったし、明日の朝はゆっくりかな?と思ったら
いつもの1時間前にガッシャガッシャと始まって涙目ですよ。

まだ早い!と無視したら、いつも通りの時間に起こし直すという
腹時計(?)の正確さ。これ、いったい何なんでしょうね。
ランさんもキッチリ19時になると「あのー」って言いに来ていましたが
時計読めるんじゃないのかって位、いつも正確でした。
とっても不思議です。

そして昼間は、いつも通り若干のいびきをかきながら
ひたすら寝ているライフスタイル。

f:id:cogilove:20160921132150j:plain
何しろヤンチャだし
常に気にしている事で、疲れる事も否めないけれど
天使の寝顔にゃーかなわないですわね。