読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Cogilove’s diary

2015年12月に15歳11ヶ月でコーギーのランを亡くし、2016年2月生まれのトライカラーコーギーのこーと再び暮らす事になった日々を綴ります。

罪なヤツ

雨か。
どうする?今日は外に出さない?とも考えたけれど
まぁ、大雨でなし・・・散歩行くかって事で、レインコート着用。

f:id:cogilove:20161008143328j:plain
爪が伸びてきたな・・・←そこ?

こーさんはランさんよりかなりのヤンチャなので
レインコートもリードも、最初は抵抗します。
でも「待て」と言うとすんなりやらせてくれるのが不思議です(笑)

ヨーグルトのついた鼻先を拭く時等は
ランだったら鼻にしわを寄せて嫌がっていた場面なのですが
ここでもこーは「待て」と言えば
大人しく拭き拭きさせてくれるという事に気付いて、ちょっと驚きました。

とりあえずのコマンドは、少ない方が良いのかもしれませんね。
そのうちに都合の良い単語だけはガンガン覚えて行きますしorz

さて、今日はちょっとした来客があったのですが
わんこ好きという事で、帰り際に「ちょっと撫でて良いですか?」とおっしゃる。
「勿論」ですと快諾。
すると「抱っこしても良いですか?」とおっしゃる。
「勿論です。でも重いですよ?」と、快諾からの・・・
若干のウレションをお見舞い(華厳の汗)

いやいや、そりゃね。人がだいしゅきだいしゅき~って盛り上がって
抱っこまでしてもらったらもう、嬉しさMAXだよね。

「いや~大丈夫ですよ~。七ヶ月ですもんね、仕方ないですよね~。
 ウチのは6歳なんでもう落ち着きましたけどね」

抱っこしている間も、顔や髪をべろんべろん攻撃で
「うわぁぁぁぁっ!」と嬉しそうに笑っていました。
これぞ犬好きの反応(爆)
そうでない人からしたらただのドMだなこりゃ(笑)

「また成長を見に来ても良いですか?」
「勿論です」(爆)

そしてお見送りの後、少々他の方と雑談をしてから戻ったら
犯人はすっかり寝ていましたとさ。

f:id:cogilove:20161008143844j:plain
あんた罪な女ね。