読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Cogilove’s diary

2015年12月に15歳11ヶ月でコーギーのランを亡くし、2016年2月生まれのトライカラーコーギーのこーと再び暮らす事になった日々を綴ります。

こーさんは猛烈に元気です

あいかわらずバタバタした日々です。

 

先日は抜糸に行き、スタッフの方に「これから帰られるんですか?」と

遠方から来ている事を心配されましたが

もう何年もやっていて、ようやく遠征ライフも終わりかと思っていたら

こーが来て、継続になっちゃいましたって感じですからね(^^;;

 

さて、先生との談笑の中で

先生のお知り合いから受けていた相談を解決してしまうべく

相談者の元に出向くことになりました。

 

その前に腹ごしらえ。

 

シェフ ド フランスです。

f:id:cogilove:20161115163811j:plain

ここはいつもランの通院の時のちょっとした楽しみとして

この季節になると来ていました。

夏は暑くて車内で待っていてもらえないからです。

 

ランチはかなりお安くいただけます。

f:id:cogilove:20161115163930j:plain

またこうして、ランとの足跡を辿っているんだな。感慨深い。

 

その後、先生に印刷して貰った所在地へ。

そこは超こだわりの珈琲屋さんでした。

先生からあらかじめ電話が入っていたらしく、すんなりと和やかムードに。

 

暫く珈琲談義の後、珈琲をいただいていたら

昼休憩の先生がやってきて、今度は車談義。

信頼している主治医と言うだけではない、素敵な関係性に

遠征もやむなしと、あらためて思うのでした(^^;;

 

そんなわけで、もうすっかりこーさんは元気です。

早くお腹の四角刈りの毛が復活しますように( ´ ▽ ` )