Cogilove’s diary

2015年12月に15歳11ヶ月でコーギーのランを亡くし、2016年2月生まれのトライカラーコーギーのこーと再び暮らす事になった日々を綴ります。

わんこの友達は必要か

こーさんは本当に愛情深いわんこと言いますか
とにかく「大好き大好き大好きぃぃぃぃ」という攻撃が猛烈です。
一方で、ランさんとはまた違う
一人っ子たる感じもあります。

この子は自分の事を人間と思い始めているだろうか・・・?

最近はスケジュールが合わなくて
友人達のわんこと会う事もなく
外で他のわんこと触れ合う事もありません。
このまま行ったらどうなるでしょう。

でも、このままで良いんじゃないの?と思う部分もあるのです。

カミカミ王子(♀)だった時は、他の犬と遊ばせて
噛んじゃいけない事を教えようかと思ったんですが・・・。

例えばカフェで、色んなわんこを見ては「ねぇ遊ぼうよ!」となると
その方が面倒だなと思ってしまいます。

同時に、カフェに行くと
世の中案外犬嫌いの犬が多い事に気が付きます。

今のこーさんは、基本的にカートに乗っている事もあって
他の犬が吠えていようがどこ吹く風。
それならそれで良いんじゃない?

実際、ランさんが他の犬に興味がなかった事で
何か困る事があったかと言うと・・・殆どありません。


何より、わんこ同士でじゃれあう事に
私自身の免疫がない事が一番の問題かもしれません。
ちょっと甘噛みした(された)なんて言ったらもう、オロオロ(笑)


ちなみに、在りし日のランさん
わんこと仲良くする気もないけれど、喧嘩する気もない。
それはお相手のシェルティも同じ。
だってあたし達は犬じゃなくて人間だから。

f:id:cogilove:20161123141844j:plain

在りし日のランさんその2
トライカラーのコーギーさんとは何度も会っているのに
存在を認識していないかのような間合い。
お互い、ささみが飛んで来る
自分の番をひたすらおりこうさんで待つ。

f:id:cogilove:20161123142016j:plain
別にこれで何の問題もなかったんだよねぇ。

そしてきっと、箱入りわんこのできあがり。
いやーこーちゃんは箱入り娘にはならんな、きっと。