読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Cogilove’s diary

2015年12月に15歳11ヶ月でコーギーのランを亡くし、2016年2月生まれのトライカラーコーギーのこーと再び暮らす事になった日々を綴ります。

東フィルの第九を聴きに行った

バタバタしている中で、映画は何とか時間を確保。
さて、次は・・・と思っていたら
「明日時間ある?」と連絡が来まして
東京オペラシティで東フィル(東京フィルハーモニー交響楽団)の
特別演奏会があるんだけど、一緒に行かない?との事。

忙しいのに、何とかしちゃうんだな~これが。
後に自分の首を絞めるのに。
ってなわけで、行ってきました。
f:id:cogilove:20161224135239j:plain
着飾った皆様が続々ホールに入って行きます。

座席はオケの左上にあたる、少々変わった場所で
指揮者をバイオリン側から見る事ができました。

ついでに、このオケには結構知り合いがいるので
演奏が始まる前に、正面にいた奏者に手を振ったところ
さすがにステージ上から手を振り返す事はできませんが
しっかりわかってくれていたようです(笑)

今、お手伝いに行っているオケでやっている練習も
第九なので興味深く拝見できました。
「お代はいらないよ!」という事でしたが、S席8,000円ですと。
やはり敷居が高いと言われればそうかもしれませんね。

終演後は、別の知り合い奏者とお茶しようという事で
ロビーで待っていたら、あっさりと普段着に着替えた奏者登場。
誰も奏者とは気付かないであろう、あまりの早さに爆笑しました。

つもる話が多すぎて、マシンガントークで三人で話すも
カフェ周辺では蛍の光が流れ始め、泣く泣く解散。

普段電車に乗らないので、満員電車での帰宅が一番辛かったなぁ。。。

突然のお話でしたが、非常に楽しめました。
たまには良いねぇ。こういうコンサートも。