Cogilove’s diary

2015年12月に15歳11ヶ月でコーギーのランを亡くし、2016年2月生まれのトライカラーコーギーのこーと再び暮らす事になった日々を綴ります。

色々初めて体験

先日スキーに行き、積もった雪の上を
もっふもっふと歩きましたが
ただひたすらに雪を食べるか、震えるこーさんでした。
「わーい!雪だ!」には程遠い感じでがっかりです(笑)

震えの原因が寒さなのか、怖かったのかは不明です。

ランさんは鼻先をつっこんでみたり
ゴロゴロ転がったりしていたんですけどねぇ・・・ってそれ
まだ一歳未満の時にはやっていなかったかも?
色々と期待値が高すぎかもしれませんね。

ただ、毛質の問題なのか
ランさんと比べてこーさんは
濡れても簡単に乾くというのが新たな発見でした。

前日にシャンプーに行ったばかりなので
元々オイリーなんでしょうか(笑)
ランさんは拭いても拭いてもズブ濡れという感じだったので
これはかなり楽です。

微妙に震えが止まったり、再び始まったりだったので
しばらく抱っこして落ち着かせた後
そのまま助手席デビューさせてみました。
この日はこーにとって「初めて」だらけです。

f:id:cogilove:20170206222301j:plain


その後、温泉と食事を終えて
いつものバリケンに戻して自宅に向かったわけですが
高速で車両にトラブルが発生し、何もないPAで
休憩を終えて動き出そうとしていたレッカー車をゲットする等
あいかわらず、ネタ満載ライフを送らせていただいたのは
ここだけの秘密とさせていただこうと思います(笑)

おかげで、積車に乗せた車の中に載せられたまま運ばれるという
これまた普通じゃない初めて体験を余儀なくされるこーさんでした。

それなりに面白かったんですが、とりあえず詳細は割愛しますね(笑)